歯ぎしりとは

歯ぎしりとは口を閉じた状態で上と下の歯を持続的にすり合わせたり、くいしばったり、かみ合わせたりする習癖のことをいいます。歯ぎしりは睡眠中、無意識に起こる為、本人はあまり自覚していないことが多いものです。歯ぎしりをするとギリギリと普段しても出せないなんともいえない音がなり周囲の人が先に気づき、教えられて初めて知るという人がほとんどです。

歯ぎしりをブラキシズム、無意識の歯のくいしばりをクレンチングとも言われています。歯ぎしりも歯のくいしばりもほぼ同様の症状、治療法、悪影響を起こすので当サイトでは歯ぎしりとまとめて説明することにします。
また歯ぎしりは動かす動作によって、歯をこすり合わせる動作をグラインディング、かみしめる動作をクレンチング、歯をカチカチリズミカルにかみ合わせる動作をタッピングといいます。

歯ぎしりの原因

現在一番の原因として考えられているのがストレスなど精神的なものから歯ぎしりを起こすというものです。職業的にスポーツ選手などは心身ともにストレスを感じる場合は特に歯ぎしりが起こりやすいとも言われています。心の不安を持っていたり、精神的に疲労しているなど、現在のストレス社会でストレスを抱えている人はますます増加しています。歯ぎしりによってストレスを発散し解消しようとしているとも言われ、現社会では歯ぎしりで悩んでいる人も増えてきているのかもしれません。

その他に、噛み合わせが悪い場合、中枢神経系(脳)が刺激され歯ぎしりを引き起こすという説もあります。またこれは治療した歯に入れた金属冠、充填物などが歯ぎしり原因になることも少なくないと考えられています。

また栄養障害などの合併によって歯ぎしりが起こるというのも考えられています。


歯ぎしりが引きおこす症状

咬耗・磨耗

歯ぎしりによって上下のが繰り返し接触することでが磨り減ってしまう症状をいいます。咬耗・磨耗が起こりエナメル質が磨り減ってしまうと後に述べるような知覚過敏の症状がでてきたりします。

<対処法>
痛みなどが出なければ特別な歯科治療はしませんが、原因となる要因を取り除くようにします(歯ぎしり防止など)。万が一、症状がひどく痛みが出てきたりすると最悪の場合神経をとらなければならない場合もあります。


知覚過敏(ちかくかびん)

虫歯ではなくても歯ぎしりによってに過度な圧力がかかるとの噛む面がすり減りを覆っているエナメル質が減ることで神経を守っている象牙質というのが露出し神経が過敏になってしまう症状がでてきます。この知覚過敏の影響で冷水がしみたりするようになってしまいます。

<対処法>
知覚過敏の症状が出たら、歯科医で知覚過敏解消の薬を塗布してもらいましょう。今ではレーザーを当てて治療することもできます。自宅では知覚過敏用の歯磨き剤などを利用してみてもよいでしょう。


楔状欠損(くさびじょうけっそん)

の付け根の部分が凹んだり楔状にへこんでいる状態を楔状欠損といいます。これも歯ぎしりによって歯のいろいろな方向から圧力がかかることにより起こる症状です。楔状欠損の症状が起こるともちろん歯の中にある神経に近くなり知覚過敏を引き起こすことになります。その他、えぐれているところから虫歯になってしまったり、ひどくなれば歯そのものが弱くなってしまい固い物を噛むと刺激があったり、折れてしまう原因にもなります。

<対処法>
歯科医院でえぐれている部分に詰め物をしてもらいます。もちろん長年ほっておいたりした場合は痛みを通り越え神経が死んでしまったりしている場合も考えられます。そんな時や歯そのものが弱くなっていたりする時は神経を抜いたり金属を被せたりする処置になることもあります。


冠や詰め物が外れる

歯ぎしりによって治療した歯の金属冠や詰め物が外れてしまうのも症状のひとつです。圧力が繰り返しかかることで詰め物をつけていた接着剤の粘着性が弱くなってしまったり詰め物がかけてしまったりすることで起こります。

<対処法>
金属冠、詰め物が外れたらなるべく早く歯科医院で装着してもらいましょう。期間があいてしまうと痛みの原因や、土台となるがかけてしまったり、虫歯になってしまい、余計な治療をしないといけないようになってしまいます。


歯の亀裂や破損

歯ぎしりにより長年歯に圧力がかかってしまうとにひびなどの亀裂がはいったり、欠けてしまったりする症状もでてきます。そうなるともちろん神経が刺激され痛みがでてきたりしてしまいます。

<対処法>
痛みが出てくるのでなるべく早く歯科医院で処置してもらいましょう。医療の進歩で早期に対処できれば簡単な処置ですませることができるかもしれません。


歯の動揺

歯ぎしりによりの支える骨にも圧力がかかり歯ぐきの組織が破壊され段々ささえきれなくなってしまいます。そうなるとが揺れ動いてしまう原因になりそこから歯槽膿漏などの歯周病が進行することになってしまいます。

<対処法>
の動揺の程度によってまた噛み合わせや口腔内の状況によって治療法もさまざまです。なかなか時間もかかり大変かもしれませんが歯科医院でよく相談し改善しましょう。


顎関節症

顎関節症とは口の開閉時に音がなったり、痛みを感じたり、口を開けるのが困難になったりする症状をいいます。歯ぎしりにより噛み合わせが悪くなったり、その影響であご関節にかかる過剰な力により関節に炎症を起こしてしまうことで起こります。

<対処法>
顎関節症の治療も歯科医院によってさまざまで時間もかかるかもしれません。症状を詳しく説明し、しっかり相談、話を聞いたうえで治療してもらいましょう。

歯ぎしり治療法

歯ぎしり改善するためには、その要因となっている原因を取り除く必要があります。

●ストレスをためない

近年ストレス社会と言っていいほど世間全体がなにか圧迫された雰囲気でたいていの人が何かのストレスを持っていると言っても過言ではないでしょう。そんな中、少しでもストレスをためないようにすることが第一の治療法ともいえます。

●咬み合わせを調整する

咬み合わせを正しくすることで改善される場合もあります。
これは歯を削って咬み合わせを調整する方法もあれば、少したいそうですが矯正を行い歯の噛み合わせをよくする方法があります。

●マウスピース、プレートなどを装着する

歯ぎしりの治療として一般的なのが歯ぎしり防止装置(マウスピース、プレート)などを装着する治療法があります。
これを装着することで、歯と歯の接触を防ぐことで歯の咬合、磨耗、騒音を防ぐことができます。歯の形、噛み合わせは人それぞれ違いますから歯科医院では患者さんの歯の形を取り、その人それぞれにあったものを作ります。

歯ぎしり防止器具

歯ぎしりは自分でも器具を利用して防止することができます。
ここでは歯ぎしりで悩んでいる人に売れている人気の歯ぎしり防止器具をご紹介!!

眠っている間の歯ぎしり、噛み締めから歯と顎関節をしっかり守るマウスピース [スリープライト]
●肩こり、頭痛の元となり、歯やアゴを傷める歯ぎしり・噛み締めをストップ!!
●≪唇は閉じて、歯は離して≫を習慣づけ、歯ぎしりの悪い習慣から早く抜け出し、寝ているときの神経筋肉をリラックスさせます。
●噛み締めパッドの位置移動が可能だからどなたにも合います!
眠っている間の歯ぎしり、噛み締めから歯と顎関節をしっかり守るマウスピース [スリープライト]【美と健康スタイル】

夜間就寝中に装着することで、下アゴのズレが補正され、さらには頚椎や脊椎のズレが改善 [ソムノガード]
●ドイツの医学博士が開発!自宅で自分で簡単に作れるマウスピース
●自分にぴったりのマウスピースが自分で作れる!
●特殊な樹脂で出来ており、歯に(上下共)かぶせて使用。これにより下顎が下がるのを防ぎ、舌根が垂れ下がるのを防いで、いびきや歯ぎしり予防に。
夜間就寝中に装着することで、下アゴのズレが補正され、さらには頚椎や脊椎のズレが改善  [ソムノガード]【美と健康スタイル】

オーラルトゥースガード
●就寝時の歯ぎしりを抑制し、快適な安眠効果が期待できます
●スポーツ時の歯への加重によるダメージを軽減させる効果が期待できます。
オーラルトゥースガード (11)【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。